FC2ブログ
 
■プロフィール

くるるんしっぽ

Author:くるるんしっぽ
FC2ブログへようこそ!
パパと中学生の息子の
三人家族です。
主にアニメの色・検査の
仕事をしています。

■ご訪問ありがとうございます!

文章力不足ですみません(^^;
誤字脱字があるかも知れませんが
一生懸命書いていますので
温かく見守って頂ければ幸いです。
m(__)m

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■仮想通貨おすすめ
■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
猫の仏壇
こんにちは。

猫の仏壇、おかしいですか?

パパは最初「大丈夫???」と思ったらしいです。
(精神的におかしくなったと思われた(笑))
でも最終的には「気が済むようにやれば」と。

ジロウは動物病院で紹介してもらった寺院の動物霊園で
合同火葬・埋葬してもらいました。

その寺院では位牌を作り入魂してくれるとの事だったので
お願いする事にしました。
(これもパパには???だったみたいです)

年末年始、息子は北海道の祖父母の所へ、パパはフィリピンに出張だったので
ずっと一人で位牌の置き場所や仏壇の事を考えていました。

ジロウが亡くなった一週間は、何もしたくない、何も楽しくない状態だったのですが、
二人が行ってしまってからは一人ぼっちの部屋では何かせずにはいられなかったのです。
仏壇とか、あれこれ探すだけで少しは気が紛れたのです。

パソコンで検索していると、ペットの仏壇に目が留まりました。
ステージ型など色々ありましたがペット用は結構高額 Σ(´Д`*)
それとペット用となっていましたが、調べると人間用?の仏壇と同じ物だったり (^^;
それならば人間用のでもいいのか・・・と思い探したら、こっちの方が安い!
手ごろな物がみつかり、ペット用にしてると言う人のレビューもあって、それを購入する事に。

ステージ型もスッキリしていて良かったのですが
上に色々飾りたかったので、普通の?仏壇にしました。
中にはジロウだけではなく先代猫のちっちも入れてあげたかったから・・・。

無宗派なのに仏壇・・・?とパパには言われましたが
そんなのは私には関係ないのです。(そもそも猫だし💦)
仏壇と言うよりは猫たちの安らげる場所というか空間というか・・・お家なのです。

それと、もう猫は飼わない決意みたいなものと
猫たちへの感謝の気持ちもありました。

仏壇にジロウが残した毛やヒゲを小瓶に入れ、
ちっちのヒゲも亡くなって9年も経つのに (^^; しまい込んであったのを
小瓶に入れ、ジロウのと一緒に置きました。
二匹はよく一緒に寝ていたのでまた一緒だねって。
(パパにはヒゲだけは気持ち悪いと言われましたが・・・(^^; )

そして2ヶ月が過ぎ、お線香を上げるたびに死んでしまって
もういないって事を少しずつ受け入れられるようになりました。
まだまだ思い出しては涙が出て寂しくなったりしますが・・・。
置いて良かったと思っています。

仏壇は私が仕事をしているパソコンデスクの斜め前にあります。
ふっとした時にいつも眺めています。 

00040001.jpg

DSC_0082.jpg
↑左からジロウの毛、ヒゲ、ちっちのヒゲ(長かったです)
分かりづらくてスミマセン (^^;


↓これにしました。これで十分、仏壇としてはお手頃です。





スポンサーサイト
| 16:28:58 | トラックバック(0)
月命日
こんにちは。

2月23日、愛猫ジロウが亡くなって2ヶ月が経ちました。
最初の一週間はとても長く感じましたが、
その後で仕事をしていた事もあり、そこからはとても早く感じました。
ですが、あの日の事はまだ昨日の事のように憶えています。

猫のいない生活は結婚してから初めての事です。
ペット飼育可能なマンションなのに、ペットがいないなんて・・・
何だかとても悲しくなります。(私にとって猫はペットではなく家族です)

ベランダには、ジロウがかじっていた猫草が枯れています。
部屋のカーペットには爪とぎの痕、毎日掃除機をかけているのに
猫毛もあちこちから出てきて、ほんとうに猫を飼っていたんだなと
二度と戻って来ない日々を思い出しています。

ジロウが「最後の猫」と、先代猫が亡くなった時にパパと決めていたので
もう猫は飼わないと思います。悲しい思いはもうしたくないのです。
それなのでペット可能のマンションに住む必要もなくなってしまいました。

この部屋には思い出がたくさんありすぎて、思い出すと悲しくなったり辛くなったりするのに、
いざ引っ越しとなると猫たちの思い出が全てなくなってしまう気がして、
なかなか引っ越せないかも知れません。


ジロウ・・・。私がカーペットの上に座っていると、いつも私の所に来て、
膝まくらでくつろいでいました。

「幸せ?幸せって少しでも思ってくれてたらいいな」
ジロウを撫でながら話しかけました。

「ジロウが幸せなら私も幸せだよ」
私はいつもそう思っていました。辛いことがあっても・・・。


もう一度会いたいなぁ 。゚(゚´Д`゚)゚。

16_12_001.jpg

16_05_002.jpg


| 17:41:42 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。